MENU

イチネツグループ沿革

  • 1959年 (昭和34年) 東京都江戸川区船堀に第一熱処理工業㈱ 設立
    初代社長 太田健三
    資本金300万円
  • 1960年 (昭和35年) 第一熱処理工業㈱ 操業開始
  • 1962年 (昭和37年) 資本金を500万円に増資
  • 1965年 (昭和40年) 二代目社長 馬淵貴義
  • 1969年 (昭和44年) 千葉県船橋市西浦に工場立上げのため、曽根郁雄が大和実業より出向
    社員数12名
  • 1970年 (昭和45年) 船橋工場 操業開始
    国内最大級の大型バッチ炉を新設
    資本金を1,000万円に増資
  • 1974年 (昭和49年) 東京都江戸川区船堀に第一日栄工業㈱ 設立
    第一日栄工業㈱ 初代社長 曽根郁雄
    第一日栄工業㈱ 資本金500万円
    大型BTA他、機械設備を新設
  • 1977年 (昭和52年) 第一熱処理工業㈱が千葉県船橋市潮見町に工場を移転 *現在の本社船橋工場に至る
    曲がらない熱処理 バレル炉Aラインを新設
    第一熱処理工業㈱ 三代目社長 曽根光雄
    第一熱処理工業㈱ 資本金を2,000万円に増資
  • 1979年 (昭和54年) 船橋工場に大型BTA及び長尺旋盤を増設
  • 1980年 (昭和55年) 船橋工場にバレル炉 Bラインを新設
    第一熱処理工業㈱ 四代目社長 曽根郁雄
  • 1981年 (昭和56年) 第一日栄工業㈱が現在のダイニチ工業㈱に社名を変更
    ダイニチ工業㈱ 二代目社長 上原陽蔵
    ダイニチ工業㈱ 資本金を1,000万円に増資
  • 1983年 (昭和58年) ダイニチ工業㈱が千葉県船橋市栄町に工場を移転
    ダイニチ工業㈱ 三代目社長 曽根郁雄
  • 1986年 (昭和61年) 本社船橋工場に浸炭炉を新設
  • 1987年 (昭和62年) 本社船橋工場にバレル炉Cラインを新設
    社員数100名
  • 1991年 (平成 3年) 第一熱処理工業㈱ 資本金を3,000万円に増資
  • 1992年 (平成 4年) 本社船橋工場にバレル炉Dラインを新設
  • 1994年 (平成 6年) 北海道室蘭市仲町に㈱第一熱処理室蘭を設立
    ㈱第一熱処理室蘭 初代社長 曽根郁雄
    室蘭工場にバレル炉Eラインを新設
  • 1995年 (平成 7年) ダイニチ工業㈱が千葉県成田市吉岡に成田工場を新設
  • 1996年 (平成 8年) ダイニチ工業㈱が本社船橋工場に移転
  • 1998年 (平成10年) 第一熱処理工業㈱が四日市工場を新設
    船橋工場のバレル炉Dラインを四日市工場に移設
    トラバーサ炉を新設
  • 2002年 (平成14年) ISO9001認証取得
  • 2004年 (平成16年) 四日市工場 バレル炉Dラインの生産能力増強
    本社船橋工場 都市ガス化を開始
  • 2006年 (平成18年) 渋川事業所を開設
    社員数160名
  • 2007年 (平成19年) 本社船橋工場 都市ガス化が完了
  • 2008年 (平成20年) 経済産業大臣 甘利明賞 受賞 元気なモノづくり中小企業300社に選定
  • 2009年 (平成21年) 曽根郁雄が第一熱処理工業㈱の代表取締役会長に就任
    第一熱処理工業㈱ 五代目社長 曽根光彰
    四日市工場 バレル炉Fラインを新設
    本社船橋工場に長尺中空鋼の浸炭炉を新設
    社員数200名
  • 2010年 (平成22年) ISO9001:2008認証取得
  • 2012年 (平成24年) 中国山東省に大手建機メーカー向け IHバレルを新設
    船橋工場に新たなIHバレル炉を設置
    曽根郁雄が㈱第一熱処理室蘭の役員を退任
    ㈱第一熱処理室蘭 二代目社長 曽根光彰
  • 2013年 (平成25年) API規格認証取得
    自社ブランド「DAI-ICHI」製造販売
    曽根郁雄が第一熱処理工業㈱の役員を退任
  • 2014年 (平成26年) 和歌山県和歌山市雑賀崎に㈱第一熱処理和歌山を設立
    曽根郁雄が㈱第一熱処理和歌山の代表取締役会長に就任
    ㈱第一熱処理和歌山 初代社長 曽根光彰
    曽根郁雄がダイニチ工業㈱の代表取締役会長に就任
    ダイニチ工業㈱ 四代目社長 曽根光彰
    社員数220名
  • 2016年 (平成28年) 本社船橋工場に株式会社イチネツホールディングスを設立
    ㈱イチネツホールディングス 初代社長 曽根光彰